Wassmund氏とObwegeser氏が仕事できすぎる男な件

この二人の名前の術式やたら多くないですか?仕事できすぎる男たちだったので、どんどん新しい治療法を開発してしまったのでしょう。ということで、今回はこの2人の偉人の名前縛りでまとめます。

下顎枝矢状分割術

  • オベゲザー原法(上の画像=下顎枝側寄りの骨切り線)
  • オベゲザー・ダルポン法(下の画像=オトガイ側寄りの骨切り線)

※オベゲザー・ダルポンの方が、切断面の接触面積が大きいので術後の治りが早い。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

上顎骨前歯部骨切り術

  • バスムンド・ブンデラー法
    上顎両側4の抜歯!歯槽骨のみ切って後ろにずらす。下顎両側4抜歯する下顎ver.はKole法。
85EFF4F7 B6E0 4346 80AA 9A97B8649093

歯頸縁切開

  • バスムンド切開 (c.f.弓状切開:パルチ切開)

口腔前庭形成術

  • バスムンド法:歯周外科の根尖側移動術に似ている…
  • オベゲザー法:穴あけてそこからはさみで粘膜下をザクザク切って、可動性を持たせて、、、

(顎堤吸収して口腔前庭が狭い場合、入れ歯が入れやすくなる)

スクリーンショット 2016 10 07 21 43 19

110-1 DES模試解説書より

スクリーンショット 2016 10 07 10 14 31

スクリーンショット 2016 10 07 10 14 48

B.オベゲザー法(下顎)
①舌側の粘膜は一次縫合し、顎下部より牽引する。②唇側の口腔前庭形成術と合わせ、頬側と舌側を顎骨の下を通す貫通縫合で固定する。

口腔外科学 第三版 医歯薬出版より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*